アーリーバードとは?

シェア

早期割引に近いものとしてアーリーバードという言葉もあります。

アーリーバードとは?

早割、早期割引とは別に「アーリーバード」という言葉を耳にすることがあります。もともとの語源は英語版の「早起きは三文の得」、The early bird catches the worm.(早起き鳥は虫を捕らえる)、というところから来ているそうです。

このアーリーバード、どんな時に使われるかちょっと見てみましょう。

ゴルフ場

アーリーバード、という言葉を検索するとすぐに出てくるのがゴルフ関連のサイト。ゴルフは屋外のスポーツのため、基本的にはボールが目で追える時間に行います。大体が7時〜10時くらいの午前中にラウンドをスタートするのですが、ゴルフ場でのアーリーバードは、そういったレギュラー時間帯よりも更に早い時間、5時や6時からスタートするプランのことを言います。

ゴルフ場で5時からラウンドをスタートするとなると、その前に到着するためには自宅を3時などに出る必要が出てきます。通常のゴルフでも家を出るのは結構早めなのでまさに早起きは三文の得、ということでしょうか。実際にアーリーバードプランはゴルフ場にとってはなかなか人が集まらない時間帯のため、レギュラーの時間帯より安いことが多いです。

ゴルフ場的にはそれで回転が上がるので安くできる、ということですね。

クラウドファンディング

最近新しい事業の資金調達の方法として注目を集めているクラウドファンディング。KickStarterやIndieGoGo、日本ではCampFireなどが有名ですね。

クラウドファンディングは、事業プロジェクトをやりたい人が出展したガジェットやサービスに対して購入したいと思った人が応募をしてお金を集める、というシステムです。アイデアが良ければたくさんの人から購入申込みがありお金が集まるので、そこで資金調達してから生産などに移れます。

買う側は通常のマーケットでは提供されていないような斬新なプロダクトを手に入れられる可能性があったり、応募することで事業を直接応援できたりする、という点がメリット。

このクラウドファンディングの中でもよくプロジェクトの初期のものをアーリーバードとして後の参加より格安にする、という手法がよく取られます。

その他のアーリーバード

海外ではレストランなどでディナーより早めの時間帯をアーリーバードとして安く提供するところがあるようです。日本の飲み屋さんだとハッピータイムとするような感じでしょうか。

松山市の工務店さんでアーリーバードという名前のところもありました。