早期割引の「ANAの早割」と「JALの先得」の違いは?

シェア

早割で代表的なのが飛行機の航空券ですね。JALの早得とANAの早割の違いを調べてみました。

早期割引の「ANAの早割」と「JALの先得」の違いは?

日本を代表する航空会社、JALの日本航空とANAの全日空。それぞれ早期割引プランを提供していてJALは早得、ANAは早割、というネーミングになっています。それぞれどのように違うんでしょうか?

JALの早得とは?

JALが提供している早期割引運賃は先得という名前です。

サイトには「最大85%割引!」という記載がありますが、ほんとにそんなに安くなるんでしょうか?

先得は予約するフライトの何日前に予約を入れたか、で名前と割引内容が変わります。

ウルトラ先得

フライトの75日前までの予約で適用される一番お得な割引です。

スーパー先得

55日前までの予約で適用される割引。

先得割引タイプB

こちらが45日前までの予約で適用される割引。

先得割引タイプA

こちらは28日前までの予約の割引ですね。

基本的には75日、つまり2か月半前、そして55日、ほぼ2か月前、45日は1か月半前、28日の4週間、という期間で区切っています。フライトまで28日を切ってしまった場合も、別の割引が用意されています。

特便割引21

こちらはフライトの21日前までに適用される割引。実はこれ以外にも特便割引7、特便割引3、特便割引1、というものもあるようです。

ANAの早割とは?

ANAが提供している早期割引運賃は早割ですが、実は最近この名称をANA SUPER VALUE/ANA VALUEという名前に変更しました。

ANAの航空券は搭乗日の355日前から予約できるようになり、ANA SUPER VALUE EARLYという超早割制度を導入しています。こちらは早期割引ながら55日前までであればキャンセル可能という内容。それ以下の早期割引はJALに似た感じです。

ANA SUPER VALUE 75

フライトの75日前までの予約で適用されるお得な割引です。

ANA SUPER VALUE 55

55日前までの予約で適用される割引。

ANA SUPER VALUE 45

こちらが45日前までの予約で適用される割引。

ANA SUPER VALUE 28

こちらは28日前までの予約の割引ですね。

ANA SUPER VALUE 21

こちらはフライトの21日前までに適用される割引。

とにかくフライトは早めの予約がおトク

もともと航空券自体は予約するタイミングもそうですが、搭乗する時期によってかなり価格が変わります。GWや夏休み時期、年末年始はフライト自体が高い時期ですし、それ以外の時期の平日などは基本的に安いです。

そこでの変動が大きいため早割・早得もそれによって割引額が変わってくるのですが、とにかく航空券予約は早い方がおトクですね。