早割とは?

シェア

テレビCMなどでもよく聞く「早割」。早割ってなんでしょう?

早割とは?

早割ってよく耳にしますよね?早いとお得、というのは何となくわかりますが、早割って実際にはどういったものでしょうか。一般的には早割は「早期割引」の略で、期日の指定があるものを前もって注文して支払うことで安く購入できる、というものになります。

前もって注文してもらうことでお店は先に売上が確定し、売るための広告宣伝費なども使わなくてよくなります。また先に入金してもらうことでお店の資金計画、いわゆる資金繰りも楽になります。

お客からすると先にお金を支払いますが、その分安く買える、とういのがメリットです。

色々ある早割

早割で一番有名なのはJALやANAなどの航空会社ではないでしょうか。実は「早割」はANAの方でJALは「早得」としているようです。特に商標登録などはなさそうですが、ライバル会社と同じネーミングにしない、というところで表現が分かれているのかも知れませんね。

それ以外にもホテルや旅館の宿泊にも早割は一般的ですが、検索してみるともっと色々なところが早割をしています。Googleの画像検索をしてみるといろんなところの早割がありました。

フライト・旅行以外でメジャーかな?と思えるのは、車検や引っ越しですね。車検工場からすると先の予定が入れば入るほど工場の稼働が読みやすくなるのでメリットがあります。引っ越しなどはまさに人の調整も絡んでくるので先に予定が立つメリットは大きいですね。

こんな変わった早割も…

その他、スキー場のリフト券の早割、というのもありました。これも分かりやすい早割だと思います。変わったところでは・・・お葬式の早割、というのも。

不幸というのは突然なのでなかなか早く申し込む、というのも難しそうですが、葬儀社さんの差別化というところでは変わっていて印象に残りますね。